Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、UTMなどへ標的型攻撃対策機能を追加

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、同社UTMやファイアウォール向けに標的型攻撃対策ソリューション「WatchGuard APT Blocker」をオプションとして提供する。

同ソリューションは、サンドボックスを用いて未知のマルウェアを検知するソリューション。疑わしいファイルを特定し、米Lastlineによるクラウドベースのサンドボックスに送信して分析し、未知のマルウェアを検知する。また、UTMアプライアンスに搭載する可視化ツール「WatchGuard Dimension」により攻撃を可視化することが可能。

同機能は、日本国内において5月15日より提供を開始する予定のUTMアプライアンス向けファームウェア「Fireware OS 11.9」より提供され、30日間の無償評価版が利用できる。

(Security NEXT - 2014/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件