Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、OS X向けにセキュリティ更新を公開 - 13件の脆弱性を修正

Appleは、OS X向けに複数の脆弱性に対応するアップデート「Security Update 2014-002」を公開した。

今回の更新は、「OS X Lion 10.7.5」「OS X Mountain Lion 10.8.5」「OS X Mavericks 10.9.2」向けに提供するセキュリティアップデート。あわせて13件の脆弱性に対応した。

細工された画像ファイルを開くとアプリケーションがクラッシュしたり、コード実行のおそれがある「ImageIO」の脆弱性「CVE-2014-1319」やスクリーンロックがかからなくなるパワーマネジメントの脆弱性「CVE-2014-1321」をはじめ、13件のうち7件は「Mavericks」のみが影響を受ける脆弱性だという。

また、SSL接続においてデータの漏洩や改ざんされるおそれがある脆弱性「CVE-2014-1295」に対応。暗号化通信における脆弱性だが、OpenSSLにおいて判明した脆弱性「Heartbleed」とは異なる。また「CFNetwork」における「HTTPプロトコル」処理に存在する脆弱性へ対応した。

(Security NEXT - 2014/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
「Cisco IOS XR」にサービス拒否の脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
監視ツール「Nagios XI」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「IOS XE」や「IOS」に複数の重要度「高」脆弱性
「Cisco IOS XE」のREST APIに深刻な脆弱性 - 特権操作のおそれ
ソフォス、ファイアウォールの導入支援サービス
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション