Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

足利銀の不正ログインは「アカウントリスト型攻撃」 - 15件でログイン成功

足利銀行において、4月4日に不正ログインが確認された問題で、同行は詳細を明らかにした。すでに攻撃は収束しているという。

同行では、4月4日9時ごろ、個人向けインターネットバンキングにおいて大量のログイン要求を検知。利用者以外とみられる第三者による不正ログインを確認した。

同行が今回の攻撃を調べたところ、他社から流出したIDとパスワードを用いた「アカウントリスト型攻撃」と見られ、同日19時にかけて7万7966件のログイン要求があったという。そのうちログインが成功したのは15件だった。

4月4日19時以降は集中的な不正ログインは収束しており、同行では被害に遭った15人に対し、個別に連絡してパスワードの変更を案内した。また今後はセキュリティ対策の強化に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か