Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で「普通預金印鑑届」395件の紛失が判明 - りそな銀

りそな銀行は、千里丘支店と神戸岡本支店において、普通預金の印鑑届あわせて395件が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失が判明したのは「普通預金印鑑届」で、千里丘支店で最終取引日が1987年1月から1991年4月の間に該当する266件と、神戸岡本支店で最終取引日が1983年5月から同年10月の間に該当する129件のあわせて395件。顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、印影などが記載されていた。

同行では紛失した資料について、不要書類とともに支店内で誤って廃棄した可能性が高いと説明。外部流出のおそれは極めて低く、紛失した情報との関連が疑われる不審な問い合わせなども確認していないという。同行では対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院