Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、全府省庁が参加で「3・18(サイバー)訓練」を実施

政府は、巧妙化するサイバー攻撃へ備えるため、複数の政府機関を標的としたサイバー攻撃を想定した緊急対処訓練を3月18日に実施した。

「3・18(サイバー)訓練」と銘打って実施された今回の訓練では、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)をはじめとする全府省庁の関係者や、重要インフラ事業者と連携し、情報共有や訓練を行った。

またサイバー攻撃などセキュリティインシデント発生時、横断的に被害機関を支援する政府の情報セキュリティ緊急支援チーム「CYMAT(Cyber Incident Mobile Assistant Team)」のメンバーにより、模擬操作の緊急対処訓練を実施している。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合