Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモの「spモードメール」に複数の脆弱性 - 一部は修正せず注意喚起のみ

NTTドコモが、スマートフォン利用者向けに提供しているAndroidアプリ「spモードメール」に複数の脆弱性が存在することがわかった。一部は修正しない方針だという。

同アプリの機能である「デコメ絵文字POP」に脆弱性「CVE-2014-1979」が存在し、脆弱性を悪用すると同アプリの権限の範囲内で任意のJavaメソッドを実行することが可能になる。

また端末内に悪意あるアプリがインストールされていると、受信したメールの添付ファイルを取得され、情報漏洩する脆弱性「CVE-2014-1977」が存在。

さらに作成中のメールを連携アプリとデータを交換する際、SDカードへ本文や添付ファイルを保存するため、インストールされているアプリからデータを取得される脆弱性「CVE-2014-1978」が含まれる。

同社では、任意のメソッドが可能となる脆弱性「CVE-2014-1979」については、最新版で修正。情報漏洩に関する脆弱性「CVE-2014-1977」「CVE-2014-1978」については、注意喚起にとどめ、修正は行わない方針だという。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ