Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、改ざん検知が可能な暗号方式を開発 - 復号データを逐次出力可能

NTT、三菱電機は、福井大学と連携し、改ざん検知が可能な暗号技術を開発した。

今回、秘匿機能と改ざん検知機能の双方を備えたあらたな暗号化形式を開発したもの。従来の改ざん検知暗号と比較し、今回開発した改ざん検知暗号は、制約条件の制約が少なく、利便性が向上したという。速度面の優位性もあるとしている。

従来は、復号処理の中間データを出力すると改ざんのおそれがあったが、今回の暗号形式では偽造のおそれがなく、逐次的に出力することが可能。そのためメモリを確保する必要がなく、メモリ容量が小さいデバイスでも大きなデータを扱えるという。

両社は、今後は、米国立標準技術研究所(NIST)が支援する暗号評価プロジェクト「CAESARコンテスト」に応募し、評価を得たい考え。また引き続き研究を推進し、インフラ分やへの活用などを目指している。

(Security NEXT - 2014/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
若手対象「辻井重男セキュリティ論文賞」募集開始 - JSSM