Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

森アーツセンターの通販サイトに不正アクセス、個人情報が流出 - クレカ情報は含まれず

オンラインショップ「森アーツセンターミュージアムショップ」が不正アクセスを受け、最大1200件の顧客情報が漏洩した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する森ビルによれば、不正アクセスを受けたのは、六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーの関連グッズを販売するオンラインショップ。3月7日に不正アクセスの痕跡を確認した。

調査を行ったところ、2013年11月20日から2014年3月7日にかけて不正アクセスがあり、同サイトの購入者リストを閲覧された可能性があることが判明したという。

流出した可能性があるのは、同サイトで商品を購入した顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購入商品の情報など最大で約1200件のデータ。クレジットカード情報の流出については否定した。

ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれた可能性が高いとしており、同社ではサイトを一時停止して原因調査とセキュリティ強化を進めている。また対象となる顧客には、個別にメールで連絡を取っている。

(Security NEXT - 2014/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレビ通販サイトに不正アクセス - 関西テレビ関連会社
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サーバに不正アクセス、原因や影響など調査中 - 共英製鋼
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因や影響を調査 - 伯東
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス