Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米McAfee、脅威情報を分析して未知の攻撃に対応する新製品

米McAfeeは、脅威データを分析し、標的型攻撃などを防止する「McAfee Threat Intelligence Exchange」を発表した。

同製品は、リアルタイムに脅威データを共有し、セキュリティ対策を実現するソリューション。同社独自のクラウドセキュリティ技術基盤「GTI」におけるグローバルの情報と、組織内ネットワークにおける脅威情報をリアルタイムに共有。ネットワークやエンドポイントに対する未知の標的型攻撃の検知から防御までが可能になるという。

組織独自のリスク基準や優先度を設定し、自動的に保護するようカスタマイズが可能。また収集した脅威情報は、標準化されたデータフレームワークで提供し、同社の他製品に活用できるだけでなく、
パートナー企業や他社製品への統合も可能だという。

同社は米国において第2四半期より同製品を提供する計画で、日本国内における提供開始時期は未定。

(Security NEXT - 2014/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace