Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Flash Player」の更新を緊急公開 - 脆弱性攻撃が発生中

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」の深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が確認されており、早急な対応が求められる。

20140205as_001.jpg
修正した脆弱性は1件のみだが、ゼロデイ攻撃が確認されている

今回のアップデートは、脆弱性「CVE-2014-0497」に対処したもので、攻撃を受けると端末の制御を奪われるおそれがある。すでに同脆弱性に対するゼロデイ攻撃も確認されている。

同社は、WindowsおよびMac向けに最新版となる「同12.0.0.44」を用意。最新版へアップデートできないユーザー向けには「同11.7.700.261」を提供する。またLinuxユーザーには「同11.2.202.336」を公開した。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」以降に同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応する。

同社では、特に「Windows」および「Mac OS X」について影響が大きいとしており、適用優先度を3段階中もっとも高い「1」に設定。同社では72時間以内にできる限り早くアップデートするよう推奨している。「Linux」については3段階中もっとも低い「3」にレーティングしている。

(Security NEXT - 2014/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正