Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MediaWiki」に深刻な脆弱性、リモートでコードを実行されるおそれ

オープンソースのCMS「MediaWiki」に深刻な脆弱性「CVE-2014-1610」が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

問題の脆弱性は、「同1.22.2」「同1.21.5」および「同1.19.11」より以前のバージョンに存在。脆弱性が悪用されると、リモートよりコードを実行され、ウェブサーバの制御を奪われる可能性があるという。同ソフトは「Wikipedia.org」をはじめ、多数サイトで利用されている。

今回の脆弱性は、Check Point Software Technologiesが発見し、WikiMedia Foundationに報告した。すでに修正版が公開されており、WikiMedia Foundationでは、早急にアップデートを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も