Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通研、暗号化したまま検索が可能な秘匿検索技術を開発

富士通研究所は、暗号化された文字列データを復号せずに検索できる新技術を開発した。検索キーワードや検索結果も暗号化した状態を保持できるという。

今回開発したのは、暗号化したまま統計処理などの演算が行える準同型暗号の技術をベースに、文字列全体へ検索キーワードが一致するか判定する技術。

暗号化された文字列データから任意の文字列を検索することが可能。事前に検索キーワードを登録しておく必要もなく、1秒間に1万6000文字の検索を行うことができるという。

従来の技術では、検索を行う際に1文字ずつずらしながら検索語が存在するか調べる必要があったが、全体を一括して計算する手法を開発することで問題を解決した。

また検索語が文字列内に存在しているかといった結果についても復号鍵を保有する者に限られるため、遺伝子をはじめとする生化学や医療のほか、教育などプライバシー保護が求められる分野で活用できるとしている。

(Security NEXT - 2014/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
米パイプライン事業者がランサム被害 - FBIが「Darkside」関与指摘
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA