Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化

UBICは、eディスカバリ関連サービスを強化するため、専用ラボラトリー「DOC(Discovery Operation Center)」を同社内に設置した。

同センターでは、eディスカバリに必要な全工程をワンストップで処理することが可能で、国外に持ち出さずに調査を実施することが可能。生体認証や金属探知機による入退室チェックなど、セキュリティ面にも配慮しているという。

また東京や米国、韓国、台湾の拠点と常時接続するなど、世界各地の情報をリアルタイムで共有できるよう設計。各地のスタッフや弁護士との連携を実現し、よりスピーディなサービスを目指す。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
オレンジリボン運動の公式サイトが改ざん被害
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
脆弱な「Movable Type」狙う攻撃が発生中 - 更新や被害状況の確認を
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示