Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化

UBICは、eディスカバリ関連サービスを強化するため、専用ラボラトリー「DOC(Discovery Operation Center)」を同社内に設置した。

同センターでは、eディスカバリに必要な全工程をワンストップで処理することが可能で、国外に持ち出さずに調査を実施することが可能。生体認証や金属探知機による入退室チェックなど、セキュリティ面にも配慮しているという。

また東京や米国、韓国、台湾の拠点と常時接続するなど、世界各地の情報をリアルタイムで共有できるよう設計。各地のスタッフや弁護士との連携を実現し、よりスピーディなサービスを目指す。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子
個人情報流出で脅迫、VPN経由で侵入か - 武州製薬
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新