Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化

UBICは、eディスカバリ関連サービスを強化するため、専用ラボラトリー「DOC(Discovery Operation Center)」を同社内に設置した。

同センターでは、eディスカバリに必要な全工程をワンストップで処理することが可能で、国外に持ち出さずに調査を実施することが可能。生体認証や金属探知機による入退室チェックなど、セキュリティ面にも配慮しているという。

また東京や米国、韓国、台湾の拠点と常時接続するなど、世界各地の情報をリアルタイムで共有できるよう設計。各地のスタッフや弁護士との連携を実現し、よりスピーディなサービスを目指す。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS