Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化

UBICは、eディスカバリ関連サービスを強化するため、専用ラボラトリー「DOC(Discovery Operation Center)」を同社内に設置した。

同センターでは、eディスカバリに必要な全工程をワンストップで処理することが可能で、国外に持ち出さずに調査を実施することが可能。生体認証や金属探知機による入退室チェックなど、セキュリティ面にも配慮しているという。

また東京や米国、韓国、台湾の拠点と常時接続するなど、世界各地の情報をリアルタイムで共有できるよう設計。各地のスタッフや弁護士との連携を実現し、よりスピーディなサービスを目指す。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所