Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、調査や情報発信を行う「セキュリティ・プラス ラボ」を開設

アズジェントは、調査や研究を行う機関「セキュリティ・プラスラボ」を開設し、サイバー攻撃への対策強化を推進する。

20140120aj_001.jpg
活動概要(図:アズジェント)

同機関では、セキュリティ機器の導入やサポート事業、マネージドセキュリティサービス、コンサルティング業務など、同社がこれまでの事業で培ったノウハウをベースに、セキュリティに関する研究や調査、情報発信、人材育成を進めるという。所長には駒瀬彰彦氏が就任した。

国内外の有識者や関連組織との連携、脅威の実態や攻撃手法、対策技術、ソーシャルエンジニアリングなどセキュリティに関する調査や研究を実施。成果は、同社が提供しているセキュリティサービス「セキュリティ・プラス」に反映させるほか、講演活動やレポートなどを通じて市場に発信していくとしている。

(Security NEXT - 2014/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
公開資料に個人情報、秘匿不十分で参照可能に - 三重大
NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正