Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

口座開設時の本人確認書が所在不明 - JAさが

佐賀県農業協同組合は、閉鎖した旧医大前支所において口座開設時に提供された本人確認書が所在不明になっていることを明らかにした。

紛失したのは、2003年1月から2014年3月までの本人確認書綴り2冊。同年3月に閉鎖した旧医大前支所の貯金者の本人確認書が見当たらないことが2013年11月に判明した。

所在がわからなくなっている本人確認書綴りには、顧客の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別など、最大で372件が含まれるという。書類を移管した鍋島支所内を捜索したが発見できなかった。

同組合では、支所の閉鎖にともない書類を鍋島支所に移した際、誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせなども受けていないという。

(Security NEXT - 2014/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
農協検査の関係書類を紛失 - 静岡県
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
貯金者情報1.7万件含む資料をネット上に誤公開 - JA横浜
口座情報含む資料をファックスで誤送信 - JA高知県
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
印影など含む帳票を保存箱ごと紛失、誤廃棄か - JAちばみどり
2支店で顧客情報含む書類を紛失 - JA東京あおば
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌