Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライブラリ「libpng」に任意のコードを実行されるおそれ

PNG形式の画像ファイルを処理する際に利用するライブラリ「libpng」に任意のコードを実行される脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、同ライブラリには「NULLポインタ参照」の脆弱性「CVE-2013-6954」が存在。脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、サービス拒否が発生するおそれがある。

影響を受けるのは、「同1.6.1」から「同1.6.7」。すでに脆弱性を修正した最新版が公開されている。

(Security NEXT - 2014/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開