Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュアとNEC、重要インフラ分野のセキュリティサービスで協業推進

NRIセキュアテクノロジーズとNECは、公共機関や金融機関など重要インフラ分野を対象としたセキュリティサービスの提供において協業体制を強化する。

両社は協業を通じて、重要インフラ分野のセキュリティサービスを共同で開発。具体的には、NRIセキュアのセキュリティ監視専門チーム「NCSIRT」のメンバーが、NECの「サイバーセキュリティ運用支援サービス」に対して技術支援を行い、インシデント対応などの運用支援メニューを追加する。

また、両社の経験やノウハウを活用し、高度なセキュリティサービスの開発とマーケティング活動を共同で展開。手はじめにNECフィールディングをくわえた3社共同で「サイバー駆け付けサービス」を提供する。

同サービスでは、顧客のシステムで不正アクセスなどのセキュリティインシデントを検知した場合、NECフィールディングのエンジニアが直接訪問して初動対応を提供。NRIセキュアの「マネージド・セキュリティ・サービス」と、NECの「サイバーセキュリティ運用支援サービス」の付加サービスとして提供する予定。

(Security NEXT - 2013/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ