Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ操作ミスでFacebookに個人情報を誤投稿 - 堺市社会福祉協議会

堺市は、堺市社会福祉協議会中基幹型包括支援センターの職員が、支援する高齢者の個人情報を「Facebook」に誤って掲載していたことを公表した。

同市によれば、12月11日に、支援している高齢者に関する支援検討会議を行った際、職員がホワイトボードに板書された会議内容を個人のスマートフォンで撮影。画像を業務用PCに送信しようとしたが操作を誤り、SNSサイト「Facebook」に投稿してしまったという。画像には、支援対象である高齢者の個人情報が含まれていた。

画像が掲載されたのは17時15分ごろで、画像を見た職員友人の指摘により18時30分に誤って掲載していることに気が付いたという。画像は19時ごろ削除された。

画像を閲覧可能者だった64人のうち、15人が実際に閲覧したことを確認。42人は閲覧していないことを確認しており、残り7人については調査を続けているという。

同協議会では、対象となる高齢者とその家族を訪問し、説明と謝罪を行った。また職員を対象に情報セキュリティに関する研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
講座関係者のメアドをサイト内に誤掲載 - 朝日カルチャーセンター
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
認証飲食店PRで店舗ではなく申請者住所を誤掲載 - 香川県
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
新型コロナ陽性者の氏名をサイトに誤掲載 - 福岡県
約7カ月にわたり個人情報を市サイトに掲載 - 有田市