Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ操作ミスでFacebookに個人情報を誤投稿 - 堺市社会福祉協議会

堺市は、堺市社会福祉協議会中基幹型包括支援センターの職員が、支援する高齢者の個人情報を「Facebook」に誤って掲載していたことを公表した。

同市によれば、12月11日に、支援している高齢者に関する支援検討会議を行った際、職員がホワイトボードに板書された会議内容を個人のスマートフォンで撮影。画像を業務用PCに送信しようとしたが操作を誤り、SNSサイト「Facebook」に投稿してしまったという。画像には、支援対象である高齢者の個人情報が含まれていた。

画像が掲載されたのは17時15分ごろで、画像を見た職員友人の指摘により18時30分に誤って掲載していることに気が付いたという。画像は19時ごろ削除された。

画像を閲覧可能者だった64人のうち、15人が実際に閲覧したことを確認。42人は閲覧していないことを確認しており、残り7人については調査を続けているという。

同協議会では、対象となる高齢者とその家族を訪問し、説明と謝罪を行った。また職員を対象に情報セキュリティに関する研修を実施するとしている。

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存