Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google関連ドメインの不正証明書出回る - 各社が失効措置を実施

フランスの政府系認証局(ANSSI)の傘下にある認証局より、不正な証明書が発行されていたことがわかった。悪用されるおそれがあり、各社が無効化措置を実施している。

問題の証明書を用いて、Google関連ドメインの不正なSSL証明書が発行されていることが判明したもの。悪用は確認されていないが、今後フィッシングや中間者攻撃などに利用されるおそれがあるとして、マイクロソフトやブラウザベンダーは、対応を進めている。

マイクロソフトでは、サポートしているすべてのWindowsが影響を受けるとして、証明書信頼リスト(CTL)を更新。信頼できる証明書から削除した。

「Windows 8」以降については、証明書の自動更新ツールにより更新される。「Windows Vista」以降についても自動更新ツールを導入していれば、同様の対応が自動で行われる。「Windows XP」や「Windows Server 2003」については、近日中に対応プログラムを公開する予定。

Mozillaでは、最新版となる「Firefox 26」や「Firefox 24 ESR」にて、証明書の信頼を取り消す処置を実施。今回の問題をMicrosoftやMozillaに報告したGoogleにおいてもChromeにおいて無効化処置が行われている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取
Windowsドメインを乗っ取る「PetitPotam攻撃」 - PoCが公開済み
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市