Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター

日本財団学生ボランティアセンターでメールの誤送信が発生し、過去に同センターが主催したプロジェクト参加者のメールアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、同センターが主催したチーム「ながぐつ」プロジェクトの参加者に送信したメール。11月27日18時ごろ、139人に一斉送信したが、担当者が宛先にメールアドレスを入力したため、受信者間にメールアドレスが漏洩した。

同センターのスタッフがミスに気付き、同日中に対象者へ事態を報告し、謝罪するメールを送信。また誤送信したメールの削除を依頼した。同センターでは、再発を防止するため作業手順や管理体制の見直しを行うという。

(Security NEXT - 2013/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF