Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キングソフト、セキュリティ対策ソフトの新版に独Aviraのエンジンを搭載

キングソフトは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版「KINGSOFT Internet Security 2014」を提供開始した。

同製品は、ウイルス対策ソフト「KINGSOFT Anti Virus」とシステム最適化ソフト「KINGSOFT System Defender」で構成されているソフトウェア。

最新版では、同社のウイルススキャンエンジンにくわえ、独Aviraのエンジンをあらたに追加。ダブルエンジンを採用することでウイルス検出率を改善したという。またフィッシングサイトから保護する「セーフアクセス」やパソコンをWi-Fiネットワークとして利用できる「テザリング機能」などをあらたに搭載した。

ラインナップは、広告モデルを採用した無料版のほか、1980円の無期限版、980円の1年版を用意している。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応