Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月は偽セキュリティ対策ソフト配布サイトが大幅増、不正サイトの12%占める - BBSSレポート

BBソフトサービスは、10月に同社のセキュリティ対策ソフト「Internet SagiWall」で検知した不正サイトの状況を取りまとめた。

レポートによれば、10月に検知した不正サイトは76万2005件。9月の66万7847件から14.1%増加した。検知数の増加原因となったのは偽セキュリティ対策ソフトの配布サイト。全体の割合を見ても、9月の0.2%から10月には10ポイント増の12.2%に上昇している。

そのほか、不正サイトを種類別に見ると、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」が前月より9.7ポイント減の88.5%、「フィッシング詐欺サイト」は1.4%、「脆弱性悪用サイト」は0.6%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。

(Security NEXT - 2013/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開