Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

案内メールでアドレスが流出、ソフトの不具合と誤操作が原因 - 第四銀

第四銀行は、フォーラム案内メールを顧客1453人に送信した際、送信先とは別の顧客329人のメールアドレスを誤って記載したまま送っていたことを明らかにした。

10月30日に同行よりフォーラムの開催について、顧客1453人に案内のメールを一斉送信。その際にメールに送信先とは異なる別の顧客329人のメールアドレスを誤って記載していたという。

メールを受信した顧客からの指摘で送信ミスが判明。不具合があるメールソフトを使用し、送信操作を誤ったことが原因だと説明している。

同行では翌30日に、誤送信先にメールで謝罪し、メールの削除を依頼。漏洩の対象となった顧客に対しては、31日に謝罪を行った。

(Security NEXT - 2013/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示