Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2013」四国大会、平均16歳のチームが優勝

国内最大のセキュリティ競技会「SECCON 2013」の地方予選である「四国大会」が、10月20日に香川大学にて開催された。

実行委員会によれば、今回の四国大会は、隣県から参加した地元チームと、翌日の「MWSCup」に参戦する遠征組との混戦になったという。

2012年度の「SECCON全国大会」に出場した平均年齢約16才のチーム「EpsilonDelta」が、終始リードする展開となり優勝。決勝へ駒を進めた。残念ながら優勝は逃したものの、2名で参加したチーム「wasamusume」や、1名によるチーム「askn」なども人数的なハンデがありながら善戦し、上位に食い込んだ。

競技では、競技ネットワークとは別のネットワークを使って解く問題や、プログラム実行時にキーボードのLEDが点灯し、目で確認しながら解く問題など、バラエティに富んだ出題が行われたという。

次回は11月9日、10日に福島大会が予定されているが、定員に達している。実行委員会では、定員の拡大が検討されている地方大会や、2014年1月に開催が予定されているオンライン予選への出場をなどを呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山