Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、ネットワーク監視システム「WatchPoint 3.0」を発売

ディアイティは、ネットワーク監視システム「WatchPoint 3.0」の販売を11月1日より開始する。

同製品は、「NetFlow」「sFlow」「VoIP」のほか、WildPacketsが独自に開発した「OmniFlow」に対応したネットワーク監視システム。トラブル発生時に、パケットレベルで詳細な調査をリアルタイムに実施することができる。

最新版では、パフォーマンスを改善しており、最大100セグメント、1分あたり5万フローのネットワーク監視に対応。収集したデータは、1分単位で最大1年間の統計情報レポートとして提供できる。

また優先度によりIPパケットをクラス分けするDSCPとアプリケーションのラベリングに対応。「Oracle Financials」「SAP」「NetSuite」などのビジネスアプリケーションを解析が容易になった。

(Security NEXT - 2013/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス