Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、千葉県警のサイバー犯罪特別捜査官を受け入れ

ラックは、サイバー犯罪の拡大防止における法執行機関への協力の一環として、千葉県警のサイバー犯罪特別捜査官を受け入れると発表した。

同県警本部よりサイバー犯罪特別捜査官を、同社のセキュリティ技術部門に受け入れるもので、サイバー犯罪捜査の向上に協力するもの。複数名の受け入れを予定しており、受け入れ期間は、11月1日より1人あたり4カ月を予定している。

(Security NEXT - 2013/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク