Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 3.7」が公開 - アップデートの自動適用に対応

人気コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の最新版が公開された。セキュリティアップデートなどが公開された場合など、自動的にアップデートを適用できるようになった。

今回公開されたメジャーバージョンアップ「WordPress 3.7(Basie)」では、検索やローカライズ面の機能向上にくわえ、セキュリティ面を大幅に強化。自動的にアップデートを行う「自動バックグラウンド更新機能」や、利用者に強固なパスワードの利用を促す「パスワードメーター」を追加した。

「自動バックグラウンド更新機能」では、アップデート機能の信頼性と安全性を向上させ、システムで利用する「コアファイル」をはじめ、「プラグイン」や「テーマ」「翻訳ファイル」の自動更新に対応。人手を介さずに脆弱性の修正などを行えるため、セキュリティ専門家からも注目を集めている。

デフォルトの状態では、コアファイルにおける小数点2位以下のマイナーアップデートや翻訳ファイルの自動アップデートに対応。必要に応じてオフにできるほか、コアファイルの更新では、開発版の更新やメジャーアップデートの自動更新にも対応できる。

日本語版の提供も開始されているが、現在の仕様では、コアファイルのアップデートは英語版が適用される。「readme.html」など一部ファイルが英語版に置き換えられるが、日本語表示など機能に影響を与えることはないとしている。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に