Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が学会発表で個人情報を投影 - 東京医科歯科大

東京医科歯科大学は、医学部付属病院の医師が、患者の個人情報を含む資料を用いて学会発表を行っていたことを公表した。

個人情報が含まれる電子カルテ画面をスクリーンに投影しながら学会発表を行ったもので、9月25日に問題が発覚した。

投影した電子カルテには、氏名、患者番号、生年月日、年齢、性別など患者12人分の個人情報が含まれていたという。同院では問題発覚後、関係者に書面で事情の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院