Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Klab、個人情報検出ソリューション事業をレピカに譲渡

Klabとレピカは、Klabがこれまで展開してきた個人情報検出ソリューション「P-Pointer」事業をレピカに譲渡する契約を締結したと発表した。

「P-Pointer」は、パソコンやサーバから個人情報を含むファイルを検出し、レポートを作成する企業向けセキュリティソリューション。150社以上の企業で導入されているという。

レピカでは「P-Pointer」、および同時に譲受したメールの配信エンジン「アクセルメール」を商品ラインナップに追加。既存のシステム事業を顧客管理や個人情報保護なども含めた総合的CRMサービスとして展開していく。

(Security NEXT - 2013/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
パケットを分析、長期管理できるソリューション - テリロジーワークス
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス