Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーの企業向け製品で導入されるエージェントにサービス拒否の脆弱性

マカフィー製品の共通コンポーネントである「McAfee Agent(MA)」に脆弱性が含まれていることがわかった。

「McAfee Agent」は、「VirusScan Enterprise」や「ePolicy Orchestrator(ePO)」など同社の法人向け製品で利用するエージェントソフト。同コンポーネントに含まれる「FrameworkService.exe」にサービス拒否の脆弱性が存在するという。影響を受けるのは、「同4.6 Patch 3」で、以前のバージョンも含まれる。

脆弱性を悪用されると、リモートからの攻撃によりサービス拒否に陥る可能性があるが、同エージェントにおいて、同社管理製品の「ePO」サーバのみ接続を許可している場合は、攻撃は成立しないとしている。

「同4.5 Patch 3」「同4.6 Patch 3」向けに脆弱性を修正するホットフィクスを用意。また「同4.8」以降のバージョンへのアップグレードについても推奨している。

(Security NEXT - 2013/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表