Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、「フォレンジック・ラボ」を設立 - マルウェア解析や証跡保全技術を研究

NTTデータは、サイバー攻撃による被害や手法などを特定する専門組織として「フォレンジック・ラボ」を設立した。

同組織は、マルウェア解析技術や証跡保全など、デジタルフォレンジック分野における研究開発を進め、インシデント発生時に残された痕跡を分析することでサイバー攻撃の手法や被害を特定。従来サービスとあわせて復旧、法対応まで、総合的なサービスを提供する。

インシデント発生時における被害拡大の抑制や事業継続、説明責任、再発防止対策など企業活動をサポートするほか、高度化するサイバー攻撃や被害の防止が難しい内部犯行への対策、グローバル企業が求められるeDiscovery法対応といった課題を持つ企業の需要に応える。

同社では、同ラボの設立によりトータルマネージドセキュリティーサービスを強化。2016年には、グローバル市場で100億円の売り上げを目指して事業を展開していくという。

(Security NEXT - 2013/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加