Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、企業のモバイル端末向けセキュリティソリューションをバージョンアップ

エフセキュアは、クラウド型サービス「エフセキュアプロテクションサービスビジネスモバイルセキュリティ」の新バージョンを提供開始した。

同サービスは、マルチプラットフォームに対応したSaaS型セキュリティ対策ソリューション。最新版となる「同8.3」では、あらたに「Android 4.3」をサポートした。

またブラウザ保護機能やマルウェア検索エンジンも最適化しており、Chrome以外のビルトインブラウザをサポート。また3G回線による接続ができないWi-Fi用タブレット端末においても、紛失や盗難時に「アンチセフト機能」を利用できるようになった。

24ユーザー導入した場合、1年間のライセンス料は、4300円/ライセンス。

(Security NEXT - 2013/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL