Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、企業を対象にセキュリティに関する被害実態を調べるアンケート

情報処理推進機構(IPA)は、国内企業を対象としたアンケート調査「2013年度情報セキュリティ事象被害状況調査」を実施している。

同調査は、情報セキュリティ関連の被害実態を調べるための調査。調査票を郵送しており、受け取った場合は、調査へ協力してほしいと呼びかけている。

回答の締め切りは10月4日で、郵送やウェブページ、メールにて受け付けている。電子版の調査票はウェブサイトよりダウンロードすることが可能。回答内容は、統計としてまとめられるため、個別の企業名や個人名は公表されることはないとしている。

(Security NEXT - 2013/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も
約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
国内セキュ人材は前年比40.4%増、それでも5.6万人不足 - (ISC)2調査
企業の24.2%「1年以内にサイバー攻撃を受けた」 - TDB調査
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破