Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の物件調査書を受託業者が紛失 - 東京都

東京都は、北多摩北部建設事務所から物件調査を受託した業者が、個人情報15件が記載された調査書を紛失したと発表した。

都の発表によれば、9月12日16時ごろ、受託業者の従業員が資料を同事務所へ届けた際、一部の調査書が紛失していることに気付いたという。JR武蔵野線とJR中央線を乗り継いで事務所に到着するまでの間に紛失したと見られている。

紛失したのは物件調査書5部とCD1枚および原図で、15人の氏名や住所、電話番号、物件の図面などが含まれる。交通機関に問い合わせを行ったが発見されず、関係者への説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK