Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

ウェブブラウザの「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートで修正されている。

脆弱性ポータルのJVNによれば、同ソフトでは、ページのエンコード設定が「UTF-8」になっている場合、クロスサイトスクリプティングにより、任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。「同15」より以前のバージョンが影響を受ける。

Opera Softwareでは、最新版となる「同バージョン16」を8月終盤にリリースしており、同バージョンへアップグレードすることにより脆弱性を解消できる。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を