Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

ウェブブラウザの「Opera」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートで修正されている。

脆弱性ポータルのJVNによれば、同ソフトでは、ページのエンコード設定が「UTF-8」になっている場合、クロスサイトスクリプティングにより、任意のスクリプトが実行されるおそれがあるという。「同15」より以前のバージョンが影響を受ける。

Opera Softwareでは、最新版となる「同バージョン16」を8月終盤にリリースしており、同バージョンへアップグレードすることにより脆弱性を解消できる。

(Security NEXT - 2013/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表