Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Microsoft装うフィッシングや詐欺メールが出回る - 「Windowが使用不能になる」と煽る内容

Microsoftを装ったフィッシングメールや、同社主催などとする架空のくじの当選通知メールなどが出回っている。

Kaspersky Labが公開した5月のスパムレポートで明らかにしたもの。同社によれば、Microsoftを騙ったフィッシングメールや詐欺メールが多数出回っているという。

問題のメールは、ユーザーがアップデートを行わなかったため「Microsoft Window」が使用不能になるとして、早急にメール内のリンクをクリックして確認するよう促す内容。よく見ると「Windows」が「Window」となっており、リンク先は個人情報の詐取を試みるフィッシングサイトだった。

また架空のくじの当選通知メールも発生している。「Microsoft主催」などと騙し、詳細情報を教えるとして連絡するよう誘導するものや、多額の賞金が当選したとして、受け渡し費用を騙し取る手口なども確認された。

有名企業を騙るメールは、これから夏の休暇シーズンに向けてさらに増加することが予測されるとして、同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2013/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を