Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正B-CASカード」の購入者に示談金要求する詐欺 - 購入者リスト流出か

「不正B-CASカード」の購入者に対し、示談金の要求に見せかけた詐欺が発生している。同カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが注意を呼びかけている。

同社によると、有料放送が無料で視聴できる不正カードの購入者宛に、「NPO法人全国放送保護協会」を名乗る団体から「告発通知」とされる書面が届くケースが多発しているという。

到着後10日以内に示談金24万5000円を指定口座に振り込まないと、警察への告発や損害賠償請求の手続きを行うとする内容。不正カードの購入者リストが流出し、悪用されている可能性がある。

正規カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズは、無関係の団体が行っているもので、同社が電話や書面でこうした要求を行うことはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減