Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自社と他社のセキュリティ対策状況を簡易比較できる無料ツールが最新データを反映

情報処理推進機構(IPA)は、組織におけるセキュリティ対策の取組状況を確認できる「情報セキュリティ対策ベンチマーク」の最新版を公開した。

同ツールは、セキュリティ対策の取り組み状況や、企業のプロフィールなど46項目を回答することにより、セキュリティ対策の取り組み状況を診断できるサービス。英語バージョンも用意している。

質問に回答すると、散布図、レーダーチャート、スコアなどの診断結果が表示するほか、同ツールを利用した他社と比較することもできる。

同ツールは、2005年より提供しており、利用回数は2万5000件を超え、8768件が診断の基礎データとして提供されている。最新版では、2011年4月から2013年5月までの重複を除いた診断データ1403件を基礎データとして採用している。

(Security NEXT - 2013/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
RPAなど活用したウェブアプリの定額診断サービス - ラック
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで