Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、国家が関与するサイバー戦に特化した研究所を設置

ネットエージェントは、国家間のサイバー戦や、サイバーテロについて研究する独自機関「サイバー戦略研究所」を設置すると発表した。

40カ国以上がサイバー戦の専門部隊を配置し、日本政府も自衛隊に「サイバー防衛隊」を新設するなどサイバー防衛の重要性が高まっている社会情勢を受け、サイバー戦やサイバーテロに関する先端技術などへの研究活動を強化するもの。

具体的には各国のサイバー戦略の調査研究や、国家が関与したサイバー攻撃の手法や攻撃対象、実施人物に関する分析、攻撃手段の検証を実施。シミュレーション環境、防御方法、人材育成方法の開発などへ取り組む。

同社では、同研究所の活動を通じて国家の安全に寄与したいとしており、一般公開可能な情報などはウェブサイトを通じて発信していく。

(Security NEXT - 2013/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省