Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TIS、XP利用企業向けにバージョンアップサービス - 影響を事前に把握、分析可能

TISは、2014年4月にサポートが終了する「Windows XP」からサポート中のOSへの移行を支援する「Windows7/8移行支援サービス」を提供開始する。

同サービスは、導入のコンサルや事前検証、移行、構築、端末の展開、保守、サポートサービスなどをワンストップで提供するサービス。バージョンアップに伴う影響を事前に把握し、分析することが可能。システム構成の変更などにも対応する。

料金は、 導入コンサルティングが29万4000円から。そのほかのサービスについては個別見積もりで対応する。同社では、同サービスを2014年3月までに50社へ提供する計画。

(Security NEXT - 2013/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を