Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府、倉庫から防災情報入りPCがなくなる - ロック解除用USB端末も

大阪府において、砂防情報管理システムに用いていたノートパソコンが所在不明になっている。約2700人分の個人情報が保存されていた。

同府富田林土木事務所において、ノートパソコン1台がケースごと所在不明となっているもの。システムロックの解除に用いるUSB端末もなくなっているという。

委託先によって砂防情報管理システムの更新を行い、2月末に納品。その後事務所の物品倉庫に保管していたが、4月に入ってなくなっていることに気が付いた。

パソコンには、「地元説明会実施経過書」が保存されており、土地所有者2079人分の氏名や住所、説明会への出席状況が記録されていた。また砂防指定地台帳の土地所有者の氏名や地番など約600人分が含まれる。

個人情報は含まれないが、そのほかにも「急傾斜地崩壊危険区域台帳」「地すべり危険区域台帳」「土石流危険渓流カルテ」などのデータが記録されていた。

同府では、「地元説明会実施経過書」に記載されていた2079人の関係者へ謝罪する書面を送付。砂防指定地台帳に含まれる約600人に対しても連絡先を調べて謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2013/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
民生委員が調査に用いる高齢者リストを紛失 - 藤沢市
学童保育で児童の写真含むデジカメが所在不明に - 高槻市
個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
小学校で卒業証書授与台帳を紛失、金庫ごと廃棄か - 品川区
高校で定期テストの解答用紙が所在不明に - 名古屋市
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市