Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、「Trend Micro Deep Security」の新版 - 仮想環境への対応強化

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティソリューションの最新版「Trend Micro Deep Security 9.0」を発表した。6月10日より提供開始する。

同ソリューションは、ウイルスや脆弱性への対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視など備えたサーバ向けセキュリティ対策製品。

サーバにエージェントをインストールするエージェント型と、ヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」と連携し、エージェントレスで仮想マシンを保護する仮想アプライアンス「Trend Micro Deep Security Virtual Appliance」を提供している。

最新版では、仮想アプライアンスにおいて仮想環境への対応を強化した。複数の仮想マシンの脆弱性を自動で検知し、仮想パッチを適用する機能を追加した。複数の仮想マシンに対して、ウイルス検索を同時に実行したり、ファイルのハッシュ値を利用して変更があったファイルを検出し、ウイルス検索を実行する機能も追加している。

このほか、ハイパーバイザの変更通知機能や、アマゾンウェブサービスの「AWS Management Console」、およびヴイエムウェアの「VMware vCloud Director」との連携なども実現した。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス