Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットエージェント、企業向けに「セキュリティ健康診断」を提供 - セキュリティ体質の改善を支援

ネットエージェントは、企業のセキュリティ対策における実態や課題を包括的に診断する新サービスを提供開始した。

「セキュリティ健康診断」は、セキュリティ対策を包括的に診断し、潜在的な課題などをレポートとして提供するサービス。特定分野について掘り下げるサービスと異なり、手ごろな価格で情報セキュリティの根幹となる部分を診断し、セキュリティ上の問題が生じないよう体質改善のための指針を提供する。

具体的には、「ヒアリング調査」と「ネットワーク通信調査」を実施。「ヒアリング調査」では、システム担当者と一般従業員を対象に行い、両者の回答を対比、分析することで潜在的なセキュリティ課題と危険性を洗い出す。

「ネットワーク通信調査」では専用機器を使用し、情報漏洩や不正通信など疑われる通信がネットワーク上で、どの程度発生しているか調査する。診断結果はレポートとして提供し、対策のアドバイスとともに提供する。価格は9万9750円。

(Security NEXT - 2013/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC