Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、ドキュメントの閲覧や利用期限を制御できる新製品 - 操作履歴も取得

NTTソフトウェアは、米WatchDoxが開発するドキュメントセキュリティソリューションを、4月23日より販売開始する。

20130423_ns_001.jpg
ドキュメントに対するアクセスを制御できる「WatchDox」(図:NTTソフト)

「WatchDox」は、ファイルのアクセスをコントロールできるソリューション。閲覧や印刷、コピー、転送などの操作を制限したり、指定期間の経過後にファイルを自動消去することが可能。ポリシーをあとから変更することもできる。

またファイルに対する操作ログを記録できるほか、インターネットへ接続できないオフライン環境に対しては、一定期間後に閲覧不可としたり、消去するといった設定が行える。

発売当初は英語版のみの提供となる。開発元のWatchDoxでは、日本語版の準備も進めており、5月15日にリリースする見込み。

ファイル形式は「Word」「Excel」「PowerPoint」「PDF」のほか、「JPEG」や「PNG」をはじめとするイメージファイルにも対応。サポートするファイル形式は今後も順次拡大していく予定だという。

オンプレミスやクラウドにより提供し、年間利用料は、従業員が100人の場合、120万円から。閲覧のみの利用者は無料で利用できる。同社では、今後3年間に5億円の売り上げを目指して同製品を展開していく。

(Security NEXT - 2013/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大