Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバネット、MDMサービスに電話で遠隔消去できるオプション

サイバネットシステムは、PCやスマートデバイスの一元管理や紛失対策などを提供する「PC&モバイル管理サービス」にオプションサービス「セルフリモートワイプ」を追加した。

同オプションは、管理者を介さずにスマートデバイスのデータをリモートより消去できるサービス。従来より提供している「リモートワイプ」や「リモートロック機能」は、管理者による操作を必要とするが、同オプションでは、緊急時に端末の利用者が直接消去作業を行える。

具体的には、紛失や盗難が発生した際に、専用番号に電話をかけ、「ID」と「パスワード」を通知することにより、端末内のデータを消去し、出荷時の状態へ戻すことができる。「Softbank」と「au」では、通信回線の停止にも対応した。

オプションサービスの価格は、1デバイスあたり月額315円。企業専用番号オプションは8400円。

(Security NEXT - 2013/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化