Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Javaの脆弱性を修正するアップデートを公開

Appleは、Javaの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデート「Java for OS X 2013-003」「Mac OS X v10.6 Update 15」を提供開始した。

Oracleが4月16日に「Java 1.6.0_43」に含まれる脆弱性に対応したのを受け、「Mac OS X」向けにアップデートを用意したもの。最新版となる「Java 1.6.0_45」では21件の脆弱性が修正される。

問題の脆弱性を悪用することにより、サンドボックス外でJavaアプレットを実行できる。細工されたウェブサイトを訪問することにより、任意のコードを実行され、制御を奪われる危険がある。

(Security NEXT - 2013/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正