Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タオソフト、開発知識不要のAndroidアプリ脆弱性診断サービス

タオソフトウェアは、Androidアプリの脆弱性を診断するウェブサービス「Tao RiskFinder」を提供開始した。

同サービスは、Androidアプリの静的解析を行い、アプリに含まれる脆弱性やセキュリティ上の問題点などを検出するもの。開発知識やソースコードは不要で、アプリケーションファイルをブラウザからアップロードするだけで診断結果のレポートを提供する。

脆弱性のほか、暗号化されていない通信経路、不要なサーバへのアクセス、安全性の低い暗号化ロジックなどセキュリティ上の問題点を検出。また、不要なパーミッションや無駄な機能などをチェックして、マルウェアと誤解されやすい項目や品質に関する項目を検出する。

さらに、総務省の「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」に準拠したアプリを作成するための情報を提供。利用者のプライバシー保護を意識したアプリ作成を支援する。

(Security NEXT - 2013/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も