Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、コピーや印刷を制限するソフトの新版 - Windows 8へ対応

ティエスエスリンクは、パソコンにおけるコピーや印刷といった操作を制限できるソフトウェアの新版「コプリガード Ver.3.0」を4月15日より発売する。

同製品は、パソコンにおけるコピーや印刷、画面キャプチャなどの操作を制限するソフトウェア。外部メディアへの保存や共有フォルダからのコピー、メールへの添付、ウェブ上へのアップロードなども禁止できるほか、特定のアプリケーションに対して設定することもできる。

最新版では、「Windows 8」に対応しており、ユーザーごとにポリシーを切り替えることが可能。管理サーバなど用意せずに利用できる。

(Security NEXT - 2013/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス