Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TSS LINK、コピーや印刷を制限するソフトの新版 - Windows 8へ対応

ティエスエスリンクは、パソコンにおけるコピーや印刷といった操作を制限できるソフトウェアの新版「コプリガード Ver.3.0」を4月15日より発売する。

同製品は、パソコンにおけるコピーや印刷、画面キャプチャなどの操作を制限するソフトウェア。外部メディアへの保存や共有フォルダからのコピー、メールへの添付、ウェブ上へのアップロードなども禁止できるほか、特定のアプリケーションに対して設定することもできる。

最新版では、「Windows 8」に対応しており、ユーザーごとにポリシーを切り替えることが可能。管理サーバなど用意せずに利用できる。

(Security NEXT - 2013/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック