Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の個人情報を不正に閲覧した職員を停職処分 - 京都市

京都市は、職場の共用端末を使って住民69人分の個人情報130件を不正に閲覧したとして、中京区役所の職員に対し、停職3カ月の懲戒処分を実施した。

2012年2月1日から11月8日にかけて、同市職員が、共用端末を利用して住民69人に関する個人情報130件を業務外の目的で閲覧していたもの。2012年9月、同市へ公益通報が寄せられ、不正が発覚した。

親類や知人の相談を受けたことをきっかけに、介護保険の被保険者資格や要介護認定に関する情報、所得や課税額に関する情報などを私的に閲覧。相談者とは関係ない個人情報も閲覧していたという。

同市では今回の不正に関して、4月1日付けで懲戒処分を実施。同職員を停職3カ月としている。

(Security NEXT - 2013/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仙台市、借金相手に同僚の個人情報伝えた職員を処分 - 怪文書約2500枚届く
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
委託先が削除証明書提出済みの個人情報入り資料を誤送付 - 神奈川県
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
保護者連絡先を不正利用、幼稚園元職員を懲戒処分 - 大阪市
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
PCR検査の受検者情報を委託先が紛失、その後回収 - 大阪府
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし