Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「Mac OS X 10.8.3」を公開 - マルウェア除去機能も

Appleは、セキュリティアップデート「Mac OS X Mountain Lion 10.8.3」および「Security Update 2013-001」を提供開始した。

今回のアップデートは、「Mac OS X 10.8」や「同10.7」「同10.6」などに存在するあわせて17件の脆弱性を解消するプログラム。

「同10.8」に存在する「Apple ID」の認証がバイパスされる問題やカーネルに存在する脆弱性に対応。さらに「ログインウィンドウ」「メッセージ」「QuickTime」「ソフトウェア・アップデート」「プロファイルマネージャ」「Apache」「Ruby」などの不具合を修正した。

また、トルコの認証局が発行した証明書の無効化を実施。さらにアップデートを実施するとマルウェア駆除も実行し、マルウェアを発見した場合は、駆除した上でユーザーに対してダイアログを表示する。

(Security NEXT - 2013/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを